スポーツが未来を変える

部活動の次の担い手を育てるには びわこ成蹊スポーツ大学 大西祐司講師

びわこ成蹊スポーツ大学の大西祐司講師(大学提供)
びわこ成蹊スポーツ大学の大西祐司講師(大学提供)

部活動の地域移行は、教員の業務負担の軽減や子供の専門的な指導の享受などがメリットとして期待されている。一方で、指導者や施設といった環境整備、そのための財源確保が急ピッチで進められている。このような取り組みは、これまで学校が支えてきた部活動を、地域に「現在」ある資源・環境でどう担っていくかに主眼があると思われる。では、数年後は誰が部活動を担っていくのだろうか。本稿では少し先の「未来」に目を向け、運動部活動の地域移行について大学生の立場から考えてみたい。

体育・スポーツ系の大学に進学する大学生は、保健体育教員を目指す人が少なくない。「体育の先生になって、自分の専門種目の顧問になるのが夢だ」という話をよく耳にする。しかし、部活動の地域移行が進められることで、この夢は一筋縄ではいかなくなる。

保健体育科の教員免許状を取得できる大学に入学した後、彼・彼女らは免許を取得するか否かの判断を迫られる。教員になることが部活動指導者の必須条件ではなくなるためである。仮に免許を取得せずに部活動に携わる場合、彼・彼女らはどのような専門性を、どのように磨けばよいのだろうか。

この専門性に関する疑問は何も今回の部活動の地域移行に始まったことではない。保健体育科の教員免許状は保健体育の授業(教育課程)の専門性を保証するものだが、教育課程外の部活動指導の専門性を担保してきたものではないことに気付かされる。たとえ免許を取得しても、部活動指導の専門性を完全に証明することにはならないのだ。

各競技団体の資格でさえも、部活動が教育活動の一環という意味では十分ではないだろう。このような悩みや葛藤に大学生は直面することになる。これは個人の夢だけの問題ではない。部活動指導に求められる専門性とは何か、何をもって専門家といえるかを早急に議論しなければ、部活動の次の担い手の確保が困難になるおそれがある。

日本のスポーツ文化が運動部活動によって形成されてきた歴史を踏まえると、この専門性に関する答えを個人の判断に委ねるには荷が重すぎる。個人に代わり、大学(授業)や競技団体(資格)が専門性を担保する仕組みを構築するとともに、何よりこれまで学校や教員が蓄積してきた知見に学ぶ必要があるだろう。同時に、昨今の教員不足の問題も加味すれば、部活動を単に担えるだけでなく、担いたいと思ってくれる人材をどう育てるかも考えなければ、持続可能な部活動にはなりえないのだ。

大西祐司(おおにし・ゆうじ)愛媛県出身。筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程修了、博士(体育科学)。体育科教育学を専門とし、主にダンス教育について研究。びわこ成蹊スポーツ大学講師、ダンス部顧問。

スポーツによって未来がどう変わるのかをテーマに、びわこ成蹊スポーツ大学の教員らがリレー形式でコラムを執筆します。毎月第1金曜日予定。

【スポーツが未来を変える】「いのちの教育」が新たな気付き生む 股村美里講師

【スポーツが未来を変える】学校文化の部活動、どう地域移行するか 黒澤寛己教授

会員限定記事会員サービス詳細