今井絵理子氏、君が代の手話策定を提案 2025年東京デフリンピックへ議連設立

今井絵理子参院議員
今井絵理子参院議員

2025年に東京での開催が決まった聴覚障害者の国際総合スポーツ大会「デフリンピック」に関し、自民党の今井絵理子参院議員は7日、明確な手話表現が定まっていない君が代について「国としてきちんとメッセージを発信し、統一した手話をつくっていくべきだ」と訴えた。障害者スポーツに関する超党派の議員連盟の会合で言及した。今井氏は聴覚障害のある長男を持つ。

会合では、デフリンピック東京大会の推進議連を立ち上げることも決めた。会長を務める衛藤晟一参院議員は「東京五輪・パラリンピックのレガシー(遺産)を継承していく意味でも、大会の意義は非常に大きい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細