立民・泉氏「追悼演説を政治利用しない」 野田氏受諾

衆院本会議に臨む立憲民主党の泉健太代表=6日午後、国会・衆院本会議場(矢島康弘撮影)
衆院本会議に臨む立憲民主党の泉健太代表=6日午後、国会・衆院本会議場(矢島康弘撮影)

立憲民主党の泉健太代表は7日の記者会見で、安倍晋三元首相の追悼演説を立民の野田佳彦元首相が行うことに関し、「遺族の意向」と「自民党の総意」が確認できたため、自民からの要請を受け入れたと説明した。「さまざまあってここに至る以上、自民として責任とけじめをもって依頼してきたと確認し、受け止めた」と語った。

追悼演説をめぐっては、自民の高木毅国対委員長が同日、立民の安住淳国対委員長と会談し「昭恵夫人を含む遺族、自民党の総意として(野田氏に)お願いしたい」と要請した。その後、安住氏や泉氏が野田氏の意向を確認したところ、野田氏は「謹んでお受けしたい」と応じる考えを示したという。

泉氏は会見で、追悼演説について「政府・与党の考え方、進め方が二転三転した。ご遺族にとってもよろしいことではなかった」と指摘。「追悼演説を政治利用すべきではないというのが基本的な考え方だ」とも語った。

安倍氏追悼演説、野田元首相が受諾の意向 自民が打診

会員限定記事会員サービス詳細