大谷「二刀流」の秘訣は睡眠 しっかり確保でリカバリー

エンゼルスの大谷翔平選手=5日(AP)
エンゼルスの大谷翔平選手=5日(AP)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手の秘訣はよく寝ること―。「一番はやっぱり睡眠。しっかり確保することが、いいリカバリーにつながる」と言う。

ロサンゼルス近郊アナハイムを本拠地とするエンゼルスの今季の年間移動距離は7万キロ超。ナイター後に移動して明け方に次の試合地に到着し、昼過ぎにはデーゲームというケースも。マリナーズなどで活躍したイチローさんも「最も気をつけているのは寝ること」と語っていた。

移動の車中や練習前後のクラブハウス…。過酷な生活の中でいかに寝るかが、成績に影響する。大谷選手は、1日に合計で10時間以上寝る日が多いという。

質の高い眠りをとるため寝具にもこだわる。大谷選手のオーダーメイド枕は、通常の2倍の素材を詰め込んでいると明かす。

練習スケジュールを細かく管理する大谷選手は、メニューに昼寝を組み込んだこともある。仕事に追われる時間が増えた現代人も、大谷選手を見習う必要がありそうだ。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細