トヨタ、顧客メールアドレス29万6000件流出の恐れ 「つながる車」サイト登録者

東京都文京区のトヨタ自動車東京本社(酒巻俊介撮影)
東京都文京区のトヨタ自動車東京本社(酒巻俊介撮影)

トヨタ自動車は7日、外部との通信を利用する「コネクテッドカー(つながる車)」のサービスを契約した顧客のメールアドレス29万6019件が流出した恐れがあると発表した。不正利用は確認されていないが、個人情報を盗み出すことなどを図るメールが届く可能性がある。サイトの開発委託先企業のミスが原因という。

トヨタによると、対象は平成29年7月以降につながる車のサービス「T―Connect」のサイトでメールアドレスを登録した顧客。流出した恐れがあるのはメールアドレスと顧客を管理する番号。氏名や電話番号、クレジットカード情報は流出の可能性はなく、サービス自体への影響もない。

会員限定記事会員サービス詳細