バイデン米大統領、大麻所持を大量恩赦 共和党反発

バイデン米大統領=6日、アンドルーズ空軍基地(AP)
バイデン米大統領=6日、アンドルーズ空軍基地(AP)

バイデン米大統領は6日、大麻の単純所持で連邦法に違反し有罪判決を受けた人らに恩赦を与えると発表した。民主党のバイデン氏は大統領選で大麻解禁を公約していた。中間選挙を11月に控え、政策実行力をアピールする狙い。一部の共和党議員は反発している。

政府高官によると、1991~2021年に有罪判決を受けた6500人以上と、ワシントンの法律で有罪となった数千人が対象。共和党のコットン上院議員は「麻薬犯罪者に全面恩赦を与えた。指導力を発揮できていないことから国民の目をそらそうと躍起だ」と批判した。

バイデン氏はツイッターで「大統領候補だったころから大麻の使用や所持で投獄されるべきではないと主張してきた」と述べた。多くの州法では禁じられていないとした上で、連邦法で有罪判決を受けた人が雇用や教育の機会を奪われているとし、解禁を訴えた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細