広島カープ新監督に新井貴浩氏 3連覇貢献のOB

新井貴浩氏
新井貴浩氏

プロ野球広島は7日、新監督に2016~18年のリーグ3連覇に貢献した球団OBの新井貴浩氏(45)が就任すると発表した。監督就任会見は12日に行われる。

広島は佐々岡真司監督(55)が成績不振の責任を取って辞任。後任として球団は新井氏に就任を要請し、受諾された。4年連続Bクラスと苦しむチームの再建を担う。強いリーダーシップに期待したとみられる。

新井氏は広島県出身。広島工高から駒沢大を経て1999年にドラフト6位で広島入団。強打の内野手として2005年に本塁打王に輝き、08年から阪神でプレーして11年に最多打点のタイトルを獲得した。広島復帰2年目の16年には黒田博樹とともに大黒柱として25年ぶりのリーグ優勝に貢献し、リーグ最優秀選手に選ばれた。18年限りで現役を引退した後は解説者などで活動していた。

通算成績は2383試合に出場して2203安打、打率2割7分8厘、319本塁打、1303打点。

会員限定記事会員サービス詳細