フォト特集

戦争犯罪記録などに平和賞 ウクライナの「市民自由センター」 ベラルーシ活動家、露の人権団体も

ノーベル平和賞の受賞が決まったウクライナの人権団体「市民自由センター」のオレクサンドラ・マトイチュク氏(共同)
ノーベル平和賞の受賞が決まったウクライナの人権団体「市民自由センター」のオレクサンドラ・マトイチュク氏(共同)

ノルウェーのノーベル賞委員会は7日、2022年のノーベル平和賞を、2月に始まったロシア侵攻後、戦争犯罪の記録を続けるウクライナの人権団体「市民自由センター」(CCL)、解散させられたロシアの人権団体「メモリアル」、ベラルーシで拘束中の人権活動家アレシ・ビャリャツキ氏(60)に授与すると発表した。

CCLは07年に創設され、ウクライナなどで人権や民主主義を推進。人権活動家オレクサンドラ・マトイチュク氏(38)が率い、ウクライナ侵攻でロシア軍による多数の民間人殺害が指摘されている首都キーウ(キエフ)近郊のブチャやイルピンで証言を収集。これまで1万8千件を超える人権侵害を記録した。

ノーベル平和賞をロシアの人権団体「メモリアル」とウクライナの人権団体「市民自由センター」、ベラルーシの人権活動家ビャリャツキ氏に授与すると発表した記者会見=7日、ノルウェー・オスロ(ロイター=共同)
ノーベル平和賞をロシアの人権団体「メモリアル」とウクライナの人権団体「市民自由センター」、ベラルーシの人権活動家ビャリャツキ氏に授与すると発表した記者会見=7日、ノルウェー・オスロ(ロイター=共同)

メモリアルは1987年に創設され、ソ連のスターリン時代に迫害された人々の名誉回復のため弾圧犠牲者の記録を残すなど人権擁護に取り組んだ。(共同)

4月に解散させられたロシアの人権団体「メモリアル」の事務所=7日、モスクワ(タス=共同)
4月に解散させられたロシアの人権団体「メモリアル」の事務所=7日、モスクワ(タス=共同)
ベラルーシの首都ミンスクの裁判所に出廷した人権団体「ビャスナ」代表のビャリャツキ氏=2011年11月(AP=共同)
ベラルーシの首都ミンスクの裁判所に出廷した人権団体「ビャスナ」代表のビャリャツキ氏=2011年11月(AP=共同)
7日、ノーベル平和賞の受賞が決まり、笑顔でポーズをとるウクライナの人権団体「市民自由センター」のスタッフら=キーウ(共同)
7日、ノーベル平和賞の受賞が決まり、笑顔でポーズをとるウクライナの人権団体「市民自由センター」のスタッフら=キーウ(共同)
ノーベル平和賞の受賞が決まったウクライナの人権団体「市民自由センター」のオレクサンドラ・マトイチュク氏(共同)
ノーベル平和賞の受賞が決まったウクライナの人権団体「市民自由センター」のオレクサンドラ・マトイチュク氏(共同)
ノルウェー・オスロにあるノーベル研究所。ノーベル賞委員会の記者会見が開かれ、平和賞をロシアの人権団体「メモリアル」とウクライナの人権団体「市民自由センター」、ベラルーシの人権活動家ビャリャツキ氏に授与すると発表した=7日(共同)
ノルウェー・オスロにあるノーベル研究所。ノーベル賞委員会の記者会見が開かれ、平和賞をロシアの人権団体「メモリアル」とウクライナの人権団体「市民自由センター」、ベラルーシの人権活動家ビャリャツキ氏に授与すると発表した=7日(共同)
ノーベル平和賞の受賞が決まったウクライナの人権団体「市民自由センター」が入る建物=7日、キーウ(共同)
ノーベル平和賞の受賞が決まったウクライナの人権団体「市民自由センター」が入る建物=7日、キーウ(共同)
ロシア軍の攻撃で破壊された学校の関係者から聞き取りをする人権団体「市民自由センター」の幹部(右)=6月、ウクライナ首都キーウ郊外のイルピン(共同)
ロシア軍の攻撃で破壊された学校の関係者から聞き取りをする人権団体「市民自由センター」の幹部(右)=6月、ウクライナ首都キーウ郊外のイルピン(共同)

会員限定記事会員サービス詳細