岸田首相「断じて容認できない」

北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射され、取材に応じる岸田首相=6日午前7時1分、首相官邸
北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射され、取材に応じる岸田首相=6日午前7時1分、首相官邸

岸田文雄首相は6日午前、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことについて「国民への情報提供、安全確認の徹底を指示した。(発射は)9月末からの短期間だけでも6回目だ。断じて容認することはできない」と述べた。首相官邸で記者団の取材に答えた。

会員限定記事会員サービス詳細