現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

英王室の神と日本皇室の神々 東京大学名誉教授・平川祐弘

東京大学名誉教授の平川祐弘氏
東京大学名誉教授の平川祐弘氏

第二次大戦の前、幼稚園で、私は世界の国名を習った。日英米独仏伊露西中の順で、英国が世界一の大国だった(日本は別格)。だから、昭和十六年十二月八日、「米英ニ対シ宣戦ヲ布告」とラジオ放送を聞いた時、英米の順がひっくり返ったと違和感を覚えた。

日本にとっての英国は世界第一

英国が世界第一と明治以来日本人は思ってきた。戦前は、外務省も大蔵省も海軍も、成績一番の俊秀を英国へ派遣した。中学でも、King’s Englishを、英国式スペルで教えた。英文科は英文学を教え、米文学は眼中にない。金持ちの息子が渡米し、博士号を取得しても「アメ・ドク」と低く見られた。

ランキング

  1. 【風を読む】元空軍パイロットの背信行為 論説副委員長・佐々木類

  2. 【沖縄考】南の島の北の防人 那覇支局長・川瀬弘至

  3. 【産経抄】12月7日

  4. 【主張】中国「海外闇警察」 政府は実態の解明を急げ

  5. 【一筆多論】「親日」英外相に期待する 岡部伸

  6. 【産経抄】12月6日

  7. 【スポーツ茶論】渋野の信念と今と未来 清水満

  8. 【正論】「抑止」への投資を躊躇するな 麗澤大学特別教授、元空将・織田邦男

  9. 【ソウルからヨボセヨ】夢を語る一杯

  10. 【主張】W杯日本敗退 悔しさを次の景色の礎に

会員限定記事