現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

10月6日

今年もノーベル賞受賞者の発表が続いている。スウェーデンの実業家、アルフレド・ノーベルの遺言に従って、1901年から始まった賞である。ノーベルはダイナマイトの開発により巨万の富を得た。自分の発明品が戦争に使われる〝罪〟から逃れるために賞を設立した。

▼小欄はそう思い込んでいたが、真相は違うらしい。「一瞬のうちにお互いが絶滅するような兵器をつくることができれば、恐怖のあまり戦争を起こそうとする考えはなくなる」。ノーベルは平和を望んで、軍用火薬を各国に売り込んだというのだ(『世界史は化学でできている』左巻健男著)。

▼北朝鮮は、今年に入ってミサイル発射を繰り返している。4日の弾道ミサイルは日本上空を通過して太平洋上に落下した。飛行距離は過去最長の約4600キロに達した。核実験に踏み込む可能性も取りざたされている。

ランキング

  1. 【話の肖像画】作詞家・松本隆<2> 父が買ってくれた「デンチク」が原点

  2. 【産経抄】12月3日

  3. 【産経抄】辻元清美氏の反省に疑問 12年の著作に「憲法から天皇に関する規定をはずす」とある 規定がある以上は尊重するが、本心は別ということか 6月10日

  4. 【主張】自公の反撃力合意 国民を守る歴史的転換だ

  5. 【田村秀男の経済正解】「防衛国債」が日本にふさわしい

  6. 【緯度経度】米政権襲うハンター事件 古森義久

  7. 【主張】W杯決勝Tへ 自らを信じる素晴らしさ

  8. 【ソウルからヨボセヨ】政治家になった記者の話

  9. 【産経抄】12月2日

  10. 【浪速風】愛猫の健康診断

会員限定記事