ジャッジが打撃2冠 39歳バーランダーが18勝で最多勝 タイトル確定

リーグ新記録の62本塁打を放ち、131打点で2冠に輝いたヤンキースのジャッジ=5日(AP)
リーグ新記録の62本塁打を放ち、131打点で2冠に輝いたヤンキースのジャッジ=5日(AP)

米大リーグは5日、レギュラーシーズンの全日程を終了して各タイトルが確定し、ア・リーグはジャッジ(ヤンキース)がリーグ新記録の62本塁打を放ち、131打点で2冠に輝いた。首位打者は打率3割1分6厘のアラエス(ツインズ)で、ジャッジは3割1分1厘の2位だった。

投手は39歳のバーランダー(アストロズ)が18勝、防御率1・75で2部門でトップ。奪三振はコール(ヤンキース)が257、セーブはクレース(ガーディアンズ)が42で最多だった。

ナ・リーグはシュワバー(フィリーズ)の46本塁打とアロンソ(メッツ)の131打点が最多で、首位打者は打率3割2分6厘のマクニール(メッツ)が輝いた。投手は21勝のライト(ブレーブス)が最多勝で、防御率1位は2・16のウリアス(ドジャース)。奪三振は243のバーンズ(ブルワーズ)、セーブは41のジャンセン(ブレーブス)が最多だった。

盗塁王はアが35のマテオ(オリオールズ)、ナが41のバーティー(マーリンズ)が獲得した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細