日本人ファンが規定達成の快挙祝福「大谷さんMVP」と声援

アスレチックス戦でエンゼルスや大谷を応援するファン=5日、オークランド(共同)
アスレチックス戦でエンゼルスや大谷を応援するファン=5日、オークランド(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(28)が5日、オークランドでのシーズン最終戦に登板し、1年休まずに投打の「二刀流」を完遂した。現行のメジャーで史上初となる投打での規定に到達し、敵地まで詰めかけた多くの日本人ファンが快挙を祝福した。

平日の昼に行われたアスレチックス戦は消化試合で空席が目立ったが、エンゼルスが陣取る一塁側席には大谷と同じ背番号17のユニホーム姿のファンが目立った。

シアトルから駆けつけた江藤祐二郎さん(48)は「最近は本塁打が減っている中、投手で活躍している印象がある」と称賛。沖縄県から訪れた30代の女性は「大谷さんMVP」のメッセージカードを手に声援を送った。ア・リーグ新記録の62本塁打を放ったジャッジ(ヤンキース)との最優秀選手争いについては「厳しいかもしれないが期待している。大谷選手の活躍ぶりにはすごく元気をもらえる」と笑顔で話した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細