ウクライナが爆殺関与か 露思想家の娘、米当局判断

ロシア・モスクワ州で、車が爆発した現場で活動する捜査員(ロシア連邦捜査委員会提供・ロイター=共同)
ロシア・モスクワ州で、車が爆発した現場で活動する捜査員(ロシア連邦捜査委員会提供・ロイター=共同)

米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は5日、ロシアの民族主義的思想家ドゥーギン氏の娘ダリア氏が8月にモスクワ郊外で車の爆発により死亡した事件について、ウクライナ政府関係者が関与していたと米情報機関が判断したと報じた。

米政府は暗殺行為に加担しないようウクライナ政府を戒めたが、関与を否定されたという。

米政府筋によると、暗殺の主な標的はプーチン大統領の政策に影響を与えたともいわれるドゥーギン氏だった。ダリア氏と共にイベントに参加し、同じ車で帰宅する予定を急きょ変更したため難を逃れていた。

米政府筋はウクライナ政府内で誰が暗殺計画を承認したのかは明らかにしなかった。米政府は計画を事前に知らされていなかったという。

タス通信によると、ロシア連邦保安局(FSB)は8月、ウクライナ情報機関による犯行だと指摘していた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細