サル21匹を段ボール箱などで密輸疑いの男逮捕 1匹は死亡 警視庁

巾着袋の中から発見されたサル「ピグミーマーモセット」=東京税関羽田税関支署提供
巾着袋の中から発見されたサル「ピグミーマーモセット」=東京税関羽田税関支署提供

輸入が禁止されているサルをタイから密輸しようとしたとして、警視庁生活環境課などは、感染症予防法違反と関税法違反未遂の疑いで、埼玉県川口市の元ペットショップ経営、町野義彦容疑者(48)を逮捕した。調べに対し容疑を認め、「自分で飼育するために密輸した」と供述しているが、サルの数が多かったことから、生活環境課は販売目的だったとみて調べている。

逮捕容疑は、6月3日、サル21匹をスーツケースと段ボール箱に隠した状態でタイから密輸しようとしたなどとしている。到着した羽田空港で、東京税関の職員が町野容疑者の荷物の中から発見した。

生活環境課などによると、手荷物として預けたスーツケースや段ボール箱の中に金属製のお椀(わん)を2つ合わせて球状にしたものが7つ入っていた。税関職員が触ると「手袋をしたままでもぬくもりを感じた」といい、中からかすかなうめき声のような声も聞こえたという。中を開けると、巾着袋があり、その中にはサルが数匹ずつ入っていた。21匹のうち、1匹は死んでいたという。

サルはピグミーマーモセットやコモンリスザルなどで、感染症予防法でタイからの輸入は禁止されている。

会員限定記事会員サービス詳細