短距離弾道ミサイル2発を平壌周辺から発射 韓国軍分析 米空母展開への対抗か

平壌の金日成広場で行われた軍事パレードで公開された、固体燃料型の新型短距離弾道ミサイル(コリアメディア提供・共同)
平壌の金日成広場で行われた軍事パレードで公開された、固体燃料型の新型短距離弾道ミサイル(コリアメディア提供・共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国軍合同参謀本部は6日、北朝鮮が日本海に向けて発射したのは短距離弾道ミサイル2発で、同日午前6時1分と23分ごろ(日本時間同)、首都平壌の三石(サムソク)付近から発射されたとの分析を明らかにした。2発はいずれも日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したもようだ。日米韓がミサイルの飛距離や種類の分析を進めている。

北朝鮮は4日にも日本列島上空を通過する弾道ミサイルを発射したばかり。先月25、28、29日と今月1日にも短距離弾道ミサイルを発射しており、前例のない頻度の発射となっている。

北朝鮮は、米韓が9月下旬に日本海で米原子力空母「ロナルド・レーガン」を投入した合同演習を行ったことに強く反発。ロナルド・レーガンは5日から日本海に再展開し、6日にも韓国軍などとの訓練に参加する見込みで、今回の発射はこれに対する対抗措置とみられている。

岸田首相、北朝鮮ミサイル「深刻な挑戦」

北朝鮮が米空母展開に警告、ミサイル発射を「相応の措置」と正当化

北ミサイル2発、1発は変則軌道か 浜田防衛相

会員限定記事会員サービス詳細