「拉致れなかった」知人連れ去り未遂容疑で3人逮捕 兵庫県警

兵庫県警本部=神戸市中央区
兵庫県警本部=神戸市中央区

知人男性を暴行し車で連れ去ろうとしたとして、兵庫県警尼崎東署などは6日、傷害と生命身体加害略取未遂の疑いで、同県尼崎市東園田町の建築業、松永弘貴容疑者(34)と同市の男子高校生(16)、伊丹市の建築作業員の少年(15)を逮捕、送検したと発表した。松永容疑者は黙秘しているが、少年2人は「松永さんに命令され車のトランクに詰め込み連れ去ろうとしたが、拉致れなかった(拉致できなかった)」と容疑を認めている。

逮捕、送検容疑は共謀し8月2日午後8時25分ごろ、尼崎市内の駐車場で同市の建築作業員の男性(20)を背後から羽交い締めにして顔面を殴打するなどの暴行を加えた上で、車で連れ去ろうとしたとしている。

同署によると、男性の父親が現場に駆け付けたため、3人は車で逃走。松永容疑者は建築作業員として男性を雇用しており、2人の間に金銭をめぐるトラブルがあったという。

防犯カメラには、3人が尼崎市内のホームセンターで結束バンドなどを購入する様子が写っていた。

会員限定記事会員サービス詳細