江戸川で発見の遺体、不明の小1女児と確認 千葉県警

子供とみられる遺体が見つかった江戸川の現場周辺=4日午後、千葉県市川市(萩原悠久人撮影)
子供とみられる遺体が見つかった江戸川の現場周辺=4日午後、千葉県市川市(萩原悠久人撮影)

千葉県警は6日、同県市川市の旧江戸川で4日に見つかった女児の遺体が、自宅を出たまま行方不明になっている同県松戸市の小学1年、南朝芽さん(7)だったと確認した。

県警は5日に遺体を司法解剖し、死因は溺死の可能性があると発表。DNA型鑑定などで身元の特定を進めていた。

南さんは9月23日午前11時半ごろ、母親と自宅近くの公園に行こうとして、先に1人で外出して行方不明になった。その後、同県流山市内の公園でキックボードが、その近くの江戸川河川敷で靴と靴下が見つかり、下流の取水口で帽子が発見された。

松戸の女児不明 家族がコメント「近日中に感謝の気持ち伝える」

会員限定記事会員サービス詳細