韓国ミサイル墜落、一晩未公表 民家近く、住民混乱

5日、韓国軍の弾道ミサイルが墜落した韓国東部江陵の基地から上がる炎と煙(AP)
5日、韓国軍の弾道ミサイルが墜落した韓国東部江陵の基地から上がる炎と煙(AP)

【ソウル=時吉達也】米韓両軍が北朝鮮に対抗して4日深夜から5日未明にかけて発射したミサイルのうち、韓国軍の弾道ミサイル1発が自国基地内に墜落した事実が同日朝まで公表されず、爆発音を聞いた付近住民らに混乱が広がった。弾頭は民家から約700メートルの基地内に落下。軍関係者は「住民を驚かせ、大変遺憾だ」と謝罪した。

韓国軍は4日午後11時ごろ、東部江陵(カンヌン)の基地から日本海に向け、弾道ミサイル「玄武(ヒョンム)2」を発射した。しかし、ミサイルは予定と逆方向に飛び、敷地内のゴルフ場に墜落。推進体部分の燃料が引火し火災が発生した。人的被害はなかった。

軍側は発射計画を事前に韓国メディアに通知し、保安上の目的から報道解禁時間を5日午前7時に設定していた。主要メディアの問い合わせに対し、軍当局は解禁時間前であることを理由に事故に関する報道を控えるよう求めたという。

一方、炎や爆発音が基地の外部からも確認される中、消防や警察当局には住民から通報が相次いだ。5日未明には一部の地方メディアの速報や現地の映像などがネット上で拡散。事実関係が明らかにされないまま朝を迎えた地元住民は、韓国メディアの取材に対し「夜中に戦争が起きたと思った」などと振り返った。

韓国は、4日と同様に北朝鮮が日本上空を越える弾道ミサイルを発射した2017年9月にも、対抗措置として玄武2を2発発射。うち1発が数秒後、海に落下していた。

会員限定記事会員サービス詳細