北ミサイル2発、1発は変則軌道か 浜田防衛相

北朝鮮からの弾道ミサイル発射を受け、記者団の取材に応じる浜田防衛相=6日午前、防衛省
北朝鮮からの弾道ミサイル発射を受け、記者団の取材に応じる浜田防衛相=6日午前、防衛省

浜田靖一防衛相は6日、北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射し、2発目は通常より低い高度を飛行し、変則軌道だった可能性があることを明らかにした。防衛省で記者団の取材に述べた。北朝鮮は4日にも日本上空を通過し、過去最長の距離を飛ぶ弾道ミサイルを発射したばかり。

浜田氏によると、北朝鮮は6日朝、北朝鮮の内陸部から東方向へ2発の弾道ミサイルを発射。1発目は午前6時ごろ発射され、最高高度100キロで距離約350キロを飛翔(ひしょう)。2発目は午前6時15分ごろで高さ約50キロ、距離約800キロを飛んだ。

いずれも日本の排他的経済水域(EEZ)外側の日本海へ着弾したと推定される。2発目については通常より低い高度で長距離を飛行しており、さらに変則軌道を描いた可能性がある。

北朝鮮は9月25日以降、6回目となる高頻度でミサイル発射を繰り返している。政府は北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に厳重に抗議した。

浜田氏は「ここ数日立て続けに弾道ミサイルを発射しており、挑発を執拗(しつよう)かつ一方的にエスカレートさせている。わが国および地域の平和と安全を脅かすもので断じて容認できない」と非難した。

短距離弾道ミサイル2発を平壌周辺から発射 韓国軍分析 米空母展開への対抗か

岸田首相、北朝鮮ミサイル「深刻な挑戦」

北朝鮮が米空母展開に警告、ミサイル発射を「相応の措置」と正当化

会員限定記事会員サービス詳細