ガーシー氏欠席でN党理解求め 参院幹部「帰国を」

オンラインで記者会見するガーシー氏=7月10日午後、東京都港区(松井英幸撮影)
オンラインで記者会見するガーシー氏=7月10日午後、東京都港区(松井英幸撮影)

NHK党の浜田聡政調会長は6日の参院議院運営委員会理事懇談会で、同党のガーシー参院議員の国会欠席に改めて理解を求めた。7月の参院選で、ガーシー氏が海外で活動するとの公約を掲げ初当選したとして「本人の意思を尊重してほしい」と述べた。石井準一議運委員長は、速やかに帰国して登院すべきだとの認識を重ねて示した。

ガーシー氏は、3日の召集日から今国会を欠席。8月の臨時国会中もアラブ首長国連邦(UAE)に滞在し、出席しなかった。

浜田氏は5日、ガーシー氏について「臨時国会中は帰国、登院の意思はないことを確認した」とすると同時に、来年以降の帰国、登院の可能性を示唆していると記した文書を石井氏に手渡した。

会員限定記事会員サービス詳細