SMBC日興、3カ月停止命令へ 相場操縦で一部業務 金融庁

SMBC日興証券の本社が入るビル前の看板=東京都千代田区
SMBC日興証券の本社が入るビル前の看板=東京都千代田区

SMBC日興証券の相場操縦事件で、金融庁が金融商品取引法に基づく一部業務停止命令と業務改善命令を7日にも同社に出すことが6日、分かった。問題があった取引を3カ月止めさせる方針。コンプライアンス(法令順守)体制の強化や経営責任の明確化も求める。

証券取引等監視委員会が違反行為を認定し、行政処分するよう先月28日、金融庁に勧告していた。

監視委によると、SMBC日興証券は取引所が閉まっている時間帯に大株主からまとまった株を買い取り、投資家に転売する「ブロックオファー」と呼ばれる取引で、対象銘柄の株価を安定させようと不正に買い支えていた。社内の監視システムで疑いのある取引を検出したが、注意喚起など必要な対応を取っていなかった。

会員限定記事会員サービス詳細