ノーベル文学賞に仏女性作家アニー・エルノー氏

ノーベル文学賞にフランスの作家のアニー・エルノー氏。紀伊国屋書店新宿本店ではアニー・エルノー氏の本が並んだ=6日午後、東京都新宿区(三尾郁恵撮影)
ノーベル文学賞にフランスの作家のアニー・エルノー氏。紀伊国屋書店新宿本店ではアニー・エルノー氏の本が並んだ=6日午後、東京都新宿区(三尾郁恵撮影)

【ロンドン=板東和正】スウェーデン・アカデミーは6日、2022年のノーベル文学賞を、自伝的な小説などで著名なフランスの女性作家アニー・エルノー氏に授与すると発表した。

有力候補として名前が取り沙汰されてきた村上春樹氏は受賞を逃した。

英メディアによると、自伝的な小説が有名で、スウェーデン・アカデミーは「個人の記憶の根源」などを表現したことを評価した。「シンプルな情熱」「ある女」「凍りついた女」などの代表作がある。

授賞式は12月10日にストックホルムで開かれる予定。賞金1千万スウェーデンクローナ(約1億3千万円)が贈られる。

会員限定記事会員サービス詳細