自民、安倍氏追悼演説 立民の野田元首相に打診へ

安倍晋三元首相の国葬で献花に臨む立憲民主党の野田佳彦元首相(奥)=27日午後3時23分、東京都千代田区(松本健吾撮影)
安倍晋三元首相の国葬で献花に臨む立憲民主党の野田佳彦元首相(奥)=27日午後3時23分、東京都千代田区(松本健吾撮影)

自民党は、今国会で実施を目指す安倍晋三元首相への追悼演説を立憲民主党の野田佳彦元首相に打診する最終調整に入った。複数の党関係者が5日、明らかにした。8月の臨時国会では自民の甘利明前幹事長が行う方向だったが、与野党の異論を踏まえ先送りしていた。首相経験者の追悼演説は、野党第一党の党首級や首相経験者が行う慣例があり、野党の同意も得られると判断したとみられる。

ただ、立民の泉健太代表は5日、追悼演説を野田氏に打診する案について、「政権の弁明や批判回避のため、わが党所属の議員を利用しようとするのであれば、大きな間違いだ」と国会内で記者団に述べた。一方、自民から打診があれば「慎重に考える」とも語った。

会員限定記事会員サービス詳細