北朝鮮ミサイル「無謀な行為」強く非難 国連事務総長

グテレス事務総長(ロイター)
グテレス事務総長(ロイター)

【ニューヨーク=平田雄介】国連のグテレス事務総長は4日、北朝鮮による同日の弾道ミサイル発射について、同国の核・ミサイル開発を禁じる「安保理決議に違反しており、無謀な行為だ」と強く非難した。ドゥジャリク事務総長報道官が声明を発表した。

報道官によると、グテレス氏は、北朝鮮に対し、朝鮮半島の完全で検証可能な非核化と持続可能な平和の達成を視野に関係各国との対話を再開するよう促している。声明は、ミサイルが日本上空を通過し太平洋に着弾したことを受け、「北朝鮮は、国際的な飛行や海洋の安全も無視している」と深刻な懸念を表明した。

一方、米国は同日、国連安全保障理事会で対応を協議するため、5日の緊急会合開催を要請した。米国連大使は、北朝鮮の核・ミサイル開発力を「制限しなければならない」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細