フォト特集

招集兵が軍事訓練 ロシア、部分動員で20万人入隊

ロシアのショイグ国防相は4日記者会見し、プーチン大統領が9月21日に出した部分動員令を受け、既に20万人超が招集され、入隊したと発表した。一方、米経済誌フォーブス・ロシア語版は同日以降の約2週間でロシア人70万人が出国したと伝えた。大半が招集逃れのためとみられる。

ショイグ氏は30万人を動員予定と改めて言明した。ただ、一部で実際の動員予定数が120万人と報じられたほか、各地で対象外の人が招集される実態が表面化。極東ハバロフスク地方では基準外招集が半数に及び責任者が問責される事態に発展した。手続きのずさんさが露呈し、社会の混乱が深刻化している。

4日、ロシア極東ザバイカル地方の軍事施設で訓練する招集兵(タス=共同)
4日、ロシア極東ザバイカル地方の軍事施設で訓練する招集兵(タス=共同)

フォーブスはロシア大統領府筋の話として、2週間の出国者が60万~70万人に達したと報道。別の筋は約100万人と推計していると伝えた。ただ観光目的の出国者も一部含んでいるという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細