福岡の5歳児餓死 児相が祖母に謝罪「適切でなかった」

福岡県篠栗町(ささぐりまち)で令和2年4月、5歳男児が餓死し、保護責任者遺棄致死罪で母親と「ママ友」の女が実刑判決を受けた事件で、福岡児童相談所の所長が今年9月、男児の祖母と面会し「当時の対応は適切でなかった」として謝罪していたことが5日、分かった。

死亡した碇(いかり)翔士郎ちゃんの祖母の代理人弁護士によると、8月中旬ごろ、福岡児相に対応の説明を求め、9月末、森本英明所長や職員らと面会。児相側は「男児に話を聞くべきだった。会うこと自体が目的化してしまった」と釈明した。

福岡児相は、2年3月の家庭訪問で翔士郎ちゃんを直接確認し「差し迫った危険はない」と判断。祖母はその後2度児相を訪れ、命の危険を訴えていたが翔士郎ちゃんは同年4月18日に餓死した。母親とママ友の逮捕後、当時の所長は取材に「対応としては適切だった」と主張していた。

ママ友に懲役15年 5歳児母親を支配「悪意が背景に」


会員限定記事会員サービス詳細