フォト特集

大谷、痛っ! 右腕に死球 連続試合安打18でストップ

アスレチックス戦の3回、死球を受けて顔をゆがめるエンゼルス・大谷=オークランド(共同)
アスレチックス戦の3回、死球を受けて顔をゆがめるエンゼルス・大谷=オークランド(共同)

米大リーグは4日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はオークランドでのアスレチックス戦に「3番・指名打者」でフル出場し、4打数無安打で自己最長を更新していた連続試合安打が18で止まった。

内容は左飛、死球、中飛、空振り三振、中飛で打率は2割7分3厘。チームは延長十回、1―2でサヨナラ負け。(共同)

ギャラリーページで見る


会員限定記事会員サービス詳細