音声で聴く スポーツ、ここが知りたい

空手・阿部夕姫選手 東京五輪副審が語るKARATEの魅力

↓こちらから音声がお聴きいただけます。
取材に応じる阿部夕姫選手=東京・大手町の産経新聞社(田中充撮影)
取材に応じる阿部夕姫選手=東京・大手町の産経新聞社(田中充撮影)

空手の国際審判の資格を持つ阿部夕姫さんは昨夏の東京五輪でアシスタントレフェリーを務めた経験を持つ。全日本空手道連盟公認6段の腕前を持ち、現在も現役としてスポーツマスターズなどに出場する阿部さんに空手の魅力を聞いた。

日本発祥の空手は今や世界に広がる。阿部さんは「空手の動きや道着などが日本文化を連想させることで、外国人の関心を高めたのではないか」と語った。(聞き手・田中充)

■阿部夕姫(あべ・ゆうき)
1978(昭和53)年、札幌市生まれ。世界空手道連盟の国際審判資格を持つ。全日本空手道連盟公認6段。小学1年から空手を始め、現在は空手スクール運営などを手掛ける株式会社「強者」に所属。国内外の選手の指導に当たり、自身も現役でスポーツマスターズに出場する。

※音声プレーヤーが表示されない場合はこちら

「音声で聴く スポーツ、ここが知りたい」は、アスリートなどスポーツ関係者の肉声インタビューをお届けします。

【音声で聴く スポーツ、ここが知りたい】空手・阿部夕姫選手
聞き手 田中充
音声編集 向井達也(オレンジボックス)
制作 産経新聞社

会員限定記事会員サービス詳細