サッカー天皇杯はJ2甲府と広島が決勝へ 鹿島は敗退

鹿島を破り初の決勝進出を決め、喜ぶ甲府イレブン=カシマ
鹿島を破り初の決勝進出を決め、喜ぶ甲府イレブン=カシマ

サッカーの第102回天皇杯全日本選手権は5日、カシマスタジアムなどで準決勝2試合が行われ、決勝(16日、日産スタジアム)のカードは甲府―広島に決まった。

J2の甲府はJ1鹿島を1―0で破って初の決勝進出。前半に宮崎がゴールを奪い、無失点でしのいだ。J2のクラブが決勝に進むのは、山形が準優勝した94回大会以来。広島は延長の末に京都を2―1で振り切り、9大会ぶりに決勝へ進んだ。1―1で90分を終え、ベンカリファが勝ち越し点を挙げた。

会員限定記事会員サービス詳細