元社員の男、懲役10年求刑 ソニー生命170億円流出

東京地裁=東京都千代田区
東京地裁=東京都千代田区

清算手続き中の海外子会社から約170億円を不正に外部に流出させたなどとして、詐欺と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)の罪に問われたソニー生命保険の元社員、石井伶被告(33)の公判が5日、東京地裁で開かれ、検察側が懲役10年を求刑、弁護側が寛大な判決を求めて結審した。判決は11月18日。

被告は起訴内容を認めている。流出資金は最終的に子会社へ返還され、為替レートや円安ドル高の影響で約50億円多い約221億円に増加した。

検察側は論告で、被告は専門的知識を悪用し、ソニー生命保険の社会的信用を大きく損なったと指摘。返還資金の増加は限定的に考慮すべきだと強調した。弁護側は「反省している」と訴えた。最終意見陳述で被告は「申し訳ない。一生かけて罪を償う」と語った。

起訴状によると昨年5月、正規取引を装い子会社の口座から米国にある口座へ170億円相当の米ドルを不正に送金。暗号資産(仮想通貨)のビットコインに交換後、自身の管理口座に隠したとしている。昨年12月に米当局が押収した。

会員限定記事会員サービス詳細