NY株大幅続伸825ドル高 米利上げ緩和期待、全面高

ニューヨーク証券取引所のあるウォール街を示すサイン(ロイター)
ニューヨーク証券取引所のあるウォール街を示すサイン(ロイター)

4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続伸し、前日比825・43ドル高の3万0316・32ドルで取引を終えた。終値として9月22日以来、8営業日ぶりに3万ドルの節目を超えた。景況感悪化で米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペースを緩めるとの期待感が高まって買われ、全面高となった。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も大幅続伸し、360・97ポイント高の1万1176・41。

4日発表された8月の米雇用動態調査で非農業部門の求人件数が市場予想を下回った。オーストラリア準備銀行(中央銀行)がこの日決めた利上げ幅が0・25%と市場予想の0・5%を下回ったのも背景に、FRBが金融引き締めに積極的なタカ派姿勢を和らげるとの見方が強まった。

米長期金利の指標となる10年債利回りが一時3・56%台まで低下したことも、投資家のリスク回避姿勢が和らぐ一因となった。

個別銘柄では、航空機のボーイングや金融のゴールドマン・サックスの上昇が目立った。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細