日本、ベルギーに逆転勝ち バレー女子世界選手権

2次リーグのベルギー戦で、攻撃する宮部藍(左端)=ロッテルダム(共同)
2次リーグのベルギー戦で、攻撃する宮部藍(左端)=ロッテルダム(共同)

バレーボールの女子世界選手権は4日、オランダのロッテルダムなどで2次リーグが始まり、E組の日本は3―1でベルギーに逆転勝ちした。1次リーグの成績が持ち越されるため、日本は通算5勝1敗。

第1セットを落とした日本は第2セットから宮部藍(姫路)を投入してリズムをつかんで25―20で奪った。第3セット、第4セットは林(JT)や古賀(NEC)が効果的に決めて25―16、25―22で連取した。

ベルギーは4勝2敗。E組ではブラジルがイタリアを3―2で破り、ともに5勝1敗となった。

2次リーグは8チームずつ2組に分かれ、各組4位以内が準々決勝に進出する。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細