携帯充電端子の統一を採択 欧州議会、2024年末までに

アップルのロゴ(ロイター=共同)
アップルのロゴ(ロイター=共同)

欧州連合(EU)欧州議会は4日、EU域内で販売されるスマートフォンなどの充電器の端子を「USBタイプC」に統一する規制案を賛成多数で採択した。加盟国の承認を経て、2024年末までに実施される見通し。

米アップルはスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などでUSBタイプCとは異なる規格の端子を使っている。今後対応を迫られそうだ。

消費者の利便性向上や、不要な充電器が廃棄されて生じる「電子ごみ」の削減が狙い。EU欧州委員会は、EUの消費者は年間2億5000万ユーロ(約360億円)程度を節約できるようになるとみている。

対象はタブレット端末やデジタルカメラ、ポータブルスピーカー、ゲーム機など多岐にわたる。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細