フォト特集

ジャッジのHR記録が見られない? 米で視聴者が混乱

米大リーグでア・リーグの本塁打記録に注目が集まる中で、更新を狙うジャッジ外野手が所属するヤンキース戦の視聴を巡って混乱があった。MLBは近年、放送権ビジネスを既存のテレビ局以外にも動画配信事業を手がけるIT大手のアップルやグーグルにも拡大。試合観戦で複数のプラットフォームが乱立し、不慣れなファンが視聴しにくい状況が生まれている。

ジャッジがマリス(ヤンキース)の61本にあと1に迫っていた9月23日のレッドソックス戦。注目の一戦は今季から金曜日の2試合を独占配信するアップルが契約していた。同社のIDがあれば米国のほか日本や韓国からもスマートフォンなどで無料視聴できたが、高齢のファンにとっては「アクセスしづらい」と不満の声が上がった。

ヤンキースの大半の試合を中継する地元局に、この試合の放送権がなかったことも混乱に拍車をかけた。MLBの放送権ビジネスの拡大は、今後も波紋を呼びそうだ。(共同)

61号2ランを放って塁を回るヤンキースのジャッジ=トロント(ゲッティ=共同)
61号2ランを放って塁を回るヤンキースのジャッジ=トロント(ゲッティ=共同)
9月23日のレッドソックス戦でヤンキースのジャッジ(手前)を見つめる観客=ニューヨーク(AP)
9月23日のレッドソックス戦でヤンキースのジャッジ(手前)を見つめる観客=ニューヨーク(AP)
9月23日のレッドソックス戦で安打を放つヤンキースのジャッジ=ニューヨーク(USA Today・ロイター)
9月23日のレッドソックス戦で安打を放つヤンキースのジャッジ=ニューヨーク(USA Today・ロイター)
ブルージェイズ戦の7回、61号2ランを放つヤンキースのジャッジ=トロント(ゲッティ=共同)
ブルージェイズ戦の7回、61号2ランを放つヤンキースのジャッジ=トロント(ゲッティ=共同)
ブルージェイズ戦の7回、61号2ランを放って塁を回るヤンキースのジャッジ=9月29日、トロント(AP)
ブルージェイズ戦の7回、61号2ランを放って塁を回るヤンキースのジャッジ=9月29日、トロント(AP)
ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジは、2022年9月28日(水)にトロントで行われたトロント・ブルージェイズとのチーム野球の試合後、母親のパティ・ジャッジと抱き合っている。ジャッジは今季61本目のホームランを放った。(Nathan Denette/The Canadian Press via AP)
今季61本目のホームランを放ち、母親から祝福されるヤンキースのアーロン・ジャッジ=9月28日(AP)
2022年10月3日(月)、テキサス州アーリントンで行われたテキサス・レンジャーズとの野球の試合で、スタンドのファンがニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジへのサインを掲げている。(AP写真/LM Otero)
レンジャーズ戦で、ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジの62号本塁打を期待するるスタンドのファン=4日、米テキサス州(AP)
8回、三振したニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ=4日、米テキサス州(AP)
8回、三振したニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ=4日、米テキサス州(AP)

会員限定記事会員サービス詳細