欧米3氏にノーベル物理学賞 量子技術革命の基礎築く実験に成功

スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2022年のノーベル物理学賞を、量子力学の分野で先駆的な業績を築いたフランス出身で仏パリ・サクレー大のアラン・アスペ教授(75)、米国出身のジョン・クラウザー博士(79)、オーストリア出身でウィーン大のアントン・ツァイリンガー名誉教授(77)に授与すると発表した。不思議な量子の振る舞いを制御する画期的な実験で、量子技術の新時代を築いた業績が評価された。

量子とは物質を構成する原子や光子(光の粒)などの極微の粒子で、身の回りにある物質とは全く異なる不思議な振る舞いをする。

量子には「もつれ」と呼ばれる性質がある。もつれ状態にある2つの量子は、どれだけ離れた場所にいても同じ振る舞いをする不思議な「運命共同体」の関係にある。遠く離れた場所に情報が瞬時に伝わる「量子テレポーテーション」と呼ばれる現象にも関係している。

もつれの性質を制御する技術は、スーパーコンピューターをはるかに超える高速大規模計算ができるとされる量子コンピューターや、盗聴が原理的に不可能で安全な次世代通信の実現に欠かせない。

3氏は、量子もつれ状態を制御するさまざまな実験に成功し、現在進行中の量子技術革命の礎を築いた。

授賞式は12月10日にストックホルムで開かれる。賞金は計1千万スウェーデンクローナ(約1億3千万円)が贈られる。

会員限定記事会員サービス詳細