現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

現実を直視しない日本が心配だ 龍谷大学教授・李相哲

はためく日本国旗
はためく日本国旗

大学教員になってかれこれ25年になるが、学生を叱ったことはない。偉そうに説教するよりは褒めて伸ばすほうが良いと思うのと、学生のメンタルを心配するからだ。話は飛躍しすぎるかもしれないが、日本に対しても私は褒めることはあっても、批判することはあまりしなかった。しかしこのごろの日本が心配になってきた。このままで良いのかと。

李相哲氏
李相哲氏

つらくても現実は現実

ランキング

  1. 【話の肖像画】作詞家・松本隆<2> 父が買ってくれた「デンチク」が原点

  2. 【産経抄】12月3日

  3. 【産経抄】辻元清美氏の反省に疑問 12年の著作に「憲法から天皇に関する規定をはずす」とある 規定がある以上は尊重するが、本心は別ということか 6月10日

  4. 【田村秀男の経済正解】「防衛国債」が日本にふさわしい

  5. 【緯度経度】米政権襲うハンター事件 古森義久

  6. 【主張】自公の反撃力合意 国民を守る歴史的転換だ

  7. 【ソウルからヨボセヨ】政治家になった記者の話

  8. 【主張】W杯決勝Tへ 自らを信じる素晴らしさ

  9. 【スポーツ茶論】2002年W杯で世界が驚愕 日本人の「おもてなし」は国際常識になった 別府育郎

  10. 【産経抄】12月2日

会員限定記事