現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

現実を直視しない日本が心配だ 龍谷大学教授・李相哲

はためく日本国旗
はためく日本国旗

大学教員になってかれこれ25年になるが、学生を叱ったことはない。偉そうに説教するよりは褒めて伸ばすほうが良いと思うのと、学生のメンタルを心配するからだ。話は飛躍しすぎるかもしれないが、日本に対しても私は褒めることはあっても、批判することはあまりしなかった。しかしこのごろの日本が心配になってきた。このままで良いのかと。

李相哲氏
李相哲氏

つらくても現実は現実

ランキング

  1. 【主張】玉城沖縄県知事 自衛隊の努力を評価せよ

  2. 【産経抄】12月9日

  3. 【主張】北海道新幹線 抜本見直しで貨物併用に

  4. 【阿比留瑠比の極言御免】台湾蔑視する立民の傲慢

  5. 【ソウルからヨボセヨ】「日本ブランドの復活」

  6. 細川昌彦氏「中国は経済の武器化図っている」 仙台「正論」懇話会

  7. 【iRONNA発】なぜ韓国は日本を許そうとしないのか

  8. 【浪速風】「質」を追求する

  9. 【大阪「正論」懇話会】北中露の脅威 軍事均衡崩すな 元防衛相・小野寺五典氏の講演要旨

  10. 【正論】「PKO協力法」の30周年に思う 東京外国語大学教授・篠田英朗

会員限定記事