主張

ルビーロマン 「本家」の知的財産を守れ

「ルビーロマン」といえば、初競りでひと房100万円以上もの値がつき、宝石にも例えられる石川県産の超高級ブドウである。

ところが同じ名称のブドウが韓国で流通していることが分かり、現地で購入したブドウをDNA型鑑定したところ、遺伝子型が石川県産のものと一致した。苗木の段階で韓国に流出したものとみられる。

ブランド農産物は貴重な日本の知的財産である。国や県は徹底してこれを守るべきなのだが、手をこまねいているのが実情だ。

ルビーロマンは、石川県が14年の歳月をかけて開発した努力の果実であり、苗木の第三者への譲渡を禁じる契約を結んだ県内の生産者のみで栽培している。

苗木の海外への持ち出しは昨年4月、改正種苗法によって禁止されたが、苗木の接ぎ木から収穫までには数年がかかることから、韓国に流出したのは法改正以前とみられている。

枝1本持ち出されれば、接ぎ木するだけで栽培は可能という。

また、韓国ではルビーロマンが先に商標登録されており、栽培の差し止めができないのだという。県が国内のみの流通を想定し、商標登録していなかったためだ。

国内では、ルビーロマンの規格は粒の大きさが20グラム以上、糖度は18度以上などと厳格に定められているが、韓国産のものはどれもこの条件を満たさないという。

そうした規格外の商品が韓国外でも同名で流通すれば、ブランドの価値を大きく損なう。

石川県は海外向けに品質の差別化を強調する発信を検討したが、商標登録を持つ韓国側から営業妨害などと訴えられかねないとして慎重姿勢を崩していない。

県は現在、韓国の輸出先と想定されるシンガポールなどの50近くの国と地域で商標登録を進めている。商標登録を進めることで韓国からの流出を差し止め、ブランドを守ろうという次善策だ。

同じく高級ブドウの「シャインマスカット」が中国では、日本の約30倍もの面積で大々的に栽培され、日本側に年間100億円以上の損失が発生しているという。イチゴやサクランボなどを含めたブランド果実全体の損失額は1千億円を超えるとの試算もある。

ブランドの防衛を県や生産者に任せてはならない。国が一括して守る方策を打ち出してほしい。

会員限定記事会員サービス詳細