大学院時代の先輩に熱湯十数回 容疑の33歳男逮捕 警視庁

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

大学院時代の先輩の男性に熱湯を十数回かけて重傷を負わせたとして、警視庁捜査1課は4日、傷害容疑で、東京都墨田区東駒形、会社員、奥村啓志容疑者(33)を逮捕した。調べに、「借金の返済に応じてもらえないことや噓ばかり言うことに腹が立った」と供述しているが、男性に借金はなかったとみられる。

逮捕容疑は、8月27日未明から午後にかけて、港区内のホテル一室で、知人男性(33)に対し、部屋に備え付けられた電気ケトルで、沸騰した熱湯を全身に十数回かけ、全治3カ月の大やけどを負わせたとしている。

会員限定記事会員サービス詳細