大リーグ「村上が歴史つくった」 56本塁打に米国でも称賛

シーズン56号の本塁打を放ち、記念ボードを掲げるヤクルトの村上宗隆内野手=3日、神宮球場(斎藤浩一撮影)
シーズン56号の本塁打を放ち、記念ボードを掲げるヤクルトの村上宗隆内野手=3日、神宮球場(斎藤浩一撮影)

プロ野球ヤクルトの村上宗隆内野手が56本塁打を放ち、1964年の王貞治を抜いて日本選手のシーズン最多記録を更新した偉業を受け、米国でも3日、称賛が相次いだ。

大リーグ公式サイトは「村上が本塁打の歴史をつくった」との見出しで詳報。メジャー挑戦について「ヤクルトが近いうちにポスティングシステムを利用することはないとされるが、(来春の)ワールド・ベースボール・クラシックで大谷(エンゼルス)とともにメジャーのファンからより注目を集めるだろう」と期待の高さを報じた。

AP通信はジャッジ(ヤンキース)が2日までにア・リーグ記録に並ぶ61号を放ち、プホルス(カージナルス)が史上4人目の通算700本塁打を達成したことを絡めて、「米国ではジャッジ、プホルスが快挙を成し遂げたが、日本から22歳のスラッガー村上の名前も加わった」と日米で記録が樹立されていると紹介した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細