アサリ調査職員に体当たり 容疑で水産業男逮捕、熊本

アサリの産地表示の調査に訪れた熊本県職員に体当たりしたとして、熊本県警上天草署は4日、公務執行妨害の疑いで、同県上天草市大矢野町維和の水産業、山崎勝平容疑者(72)を逮捕した。「暴行していない」と否認している。

逮捕容疑は9月8日午前11時ごろ、自宅で県職員に体当たりするなどして職務を妨害したとしている。食品表示法に基づくアサリの調査のため、県と九州農政局の職員計6人が訪れていた。

アサリの産地偽装は、農林水産省が2月に公表した実態調査で判明。県は出荷を停止し、偽装防止策を整備した。

会員限定記事会員サービス詳細