大阪市のプレミアム商品券「全員に当てる」 松井市長

記者団の取材に答える松井一郎大阪市長=4日午後、大阪市役所(土屋宏剛撮影)
記者団の取材に答える松井一郎大阪市長=4日午後、大阪市役所(土屋宏剛撮影)

大阪市の松井一郎市長は4日、消費喚起策として発行する「プレミアム付商品券」について、原油高や物価の高騰を受けて「申込者全員に当てる」との意向を示した。2日までの購入受け付けには発行口数の1・7倍の申し込みがあり、抽選販売となる予定だった。

松井氏は「(倍率が)1・7倍では抽選でも不公平感がありすぎる。物価がこんなに上がって、年末年始に向けてみなさんも期待されている」と述べた。

市によると、商品券はプレミアム率30%で、1口1万円で1万3千円分の買い物が可能。小売店や美容室などサービス業の店舗で利用できる。9月16日~10月2日、1人4口を上限に購入の申し込みを受け付けたところ、発行口数の176万口を上回る295万口の申し込みがあった。

これまで大阪維新の会市議団が松井氏に発行口数の追加を要望したほか、公明党市議団も4日、同様の緊急要望を提出していた。

会員限定記事会員サービス詳細