北朝鮮ミサイル 青森県が危機対策本部設置、船舶に被害なし

青森県は4日午前、北朝鮮が発射した弾道ミサイルが上空付近を通過したことを受け、危機対策本部(本部長・三村申吾知事)を設置し、情報収集などに追われた。県によると、10時現在、船舶などへの被害は確認されていないという。

県危機管理局によると、7時29分に政府から全国瞬時警報システム(Jアラート)で発射情報、7時43分に北海道、青森県上空を通過したとの情報を受け、同対策本部を設置した。

県によると、県内の漁協所属の漁船のうち、日本海で中型イカ釣り漁船20隻、太平洋でサンマ漁船や大型イカ釣り漁船など5隻の計25隻が操業しているが、いずれも安全を確認した。

会員限定記事会員サービス詳細