佐々木朗希「いろんなことを吸収」 念願のトップチーム選出

ロッテ・佐々木朗希投手(村本聡撮影)
ロッテ・佐々木朗希投手(村本聡撮影)

野球日本代表の栗山英樹監督は4日、11月の強化試合のメンバーを発表し、ロッテの佐々木朗希投手が日本代表のトップチームに初めて選ばれた。佐々木朗は「貴重な時間になると思うので、いろんなことを吸収したい。そして今後の野球人生につながる投球をしたい」と球団を通じて意気込んだ。

岩手・大船渡高時代の2019年には高校日本代表として韓国でのU18ワールドカップ(W杯)に出場した。トップチームに「選手としてさらに成長できると思うので、投げてみたい」と語っていただけに、念願がかなった。

プロ3年目の今季は自己最速となる164キロをマークし、4月10日には史上最年少での完全試合を達成。20試合に登板し9勝4敗、防御率2・02、リーグ2位の173奪三振と飛躍した。栗山監督は「自分の特長を出して圧倒してほしい」と期待した。

会員限定記事会員サービス詳細