「勉強不足だった」と謝罪 愛知県議、同性婚巡る投稿

愛知県の渡辺昇県議(53)=自民=は4日、交流サイト(SNS)投稿に「同性結婚なんて気持ち悪いことは大反対!」などとコメントしたことを巡り、同性婚やジェンダー平等を目指す団体メンバーらから県議会で抗議を受け「勉強不足だった。申し訳ありませんでした」と謝罪した。

抗議したのは、選択的夫婦別姓・全国陳情アクション事務局長の井田奈穂さんやLGBTQ(性的少数者)当事者らで、渡辺氏のコメントに関し「性的マイノリティーの人権と尊厳を著しく傷つける許しがたい差別発言。渡辺氏への厳正な処分を求める」とする抗議文を須崎かん県議会議長らに提出した。

渡辺氏も同席し「今後どのような場であってもこのような発言はしないと約束する」と述べた。

井田さんが9月27日、海外で同性婚を巡る国民投票が実施されたというニュースをフェイスブックで投稿したところ、渡辺氏がコメントした。

会員限定記事会員サービス詳細