男性2人刺殺、41歳無職男に懲役30年 名古屋地裁

名古屋市北区の路上で令和元年、男性会社員2人を刺殺したとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われた無職、佐藤俊彦被告(41)の裁判員裁判で、名古屋地裁は4日、懲役30年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。

弁護側は、被告は精神障害の影響で心神喪失か心神耗弱の状態だったとして無罪や減軽を主張したが、山田耕司裁判長は判決理由で、影響は大きくなかったとして責任能力を認定。「殺傷能力の高いサバイバルナイフで、急所を複数回突き刺すなど非常に危険かつ残虐な犯行」と非難した。

一方、被害者らが被告宅の防犯カメラに手を振ったことなどを巡り「犯行を誘発した面があった。被告だけを責められない」と述べ、有期懲役とした。

判決によると、元年6月24日、会社員、小笠原智之さん=当時(44)=の胸と、同僚の赤松英司さん=同(41)=の背中などを、それぞれサバイバルナイフで数回突き刺し、殺害した。



会員限定記事会員サービス詳細