71歳母の遺体放置「新聞読むと事件に…」 帰宅した次男を容疑で逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

大阪市東住吉区のマンション一室で住人の女性の遺体が見つかった事件で、大阪府警捜査1課と東住吉署は4日、自宅に女性の遺体を放置したとして死体遺棄の疑いで、同居する次男で無職の日野泰希容疑者(43)を逮捕したと発表した。容疑を認め、「死に顔を見たくなくて顔を布団で覆った」などと供述しているという。

府警によると、女性は清掃員の日野美治(みはる)さん(71)。逮捕容疑は9月18日から同26日まで、美治さんの遺体を室内に放置したとしている。司法解剖の結果、美治さんは同18日ごろ熱中症で死亡したとみられる。

10月3日夕、自宅の明かりがついているのに捜査員が気付き、室内で日野容疑者を発見。「新聞を読むと自分のやったことが事件になっており、いろいろ考えて自宅に戻ってきた」などと話したという。

会員限定記事会員サービス詳細