中国艦、南西諸島沿い北上 防衛省「特異行動」

南西諸島西側を北進した中国海軍のフリゲート艦(防衛省統合幕僚監部提供)
南西諸島西側を北進した中国海軍のフリゲート艦(防衛省統合幕僚監部提供)

防衛省統合幕僚監部は3日、中国海軍のフリゲート艦1隻が2日以降、沖縄県から鹿児島県にかけて南西諸島の西側に沿うように東シナ海を北上したと発表した。防衛省は、中国の特異な行動と判断して公表したとしている。

また中国海軍の情報収集艦1隻が2日に青森県・竜飛崎の西の日本海で往復したことも明らかにした。津軽海峡の方向に向かったが、反転し日本海に戻った。

防衛省によると、フリゲート艦は2日午前8時ごろ、沖縄本島北西にある粟国島の北約50キロを航行。その後、鹿児島県にかけて北へ進んだ。鹿児島県沖の離島、草垣群島の南西約90キロで西に移動した。収集艦は2日午前5時ごろ、竜飛崎の西約100キロを北東に移動。西約20キロ付近で向きを変え、南西に向かった。

いずれも海上自衛隊が監視に当たった。

会員限定記事会員サービス詳細