「同性婚気持ち悪い」 愛知県議がSNS投稿

愛知県の渡辺昇県議(53)=自民=が、同性婚に関する交流サイト(SNS)投稿に対し「同性結婚なんて気持ち悪いことは大反対!」とのコメントを送っていたことが3日、分かった。渡辺氏は取材に事実を認めた上で「軽率だった」と陳謝した。

選択的夫婦別姓・全国陳情アクション事務局長の井田奈穂さんによると、9月27日にフェイスブックに中南米キューバで同性婚を巡る国民投票が実施され賛成多数だったと報じた記事を投稿したところ、渡辺氏からコメントがあったという。既に削除された。

渡辺氏はこれまでも井田さんの投稿に対し「同性婚は日本では法的に認められておらず論外です!」などと書き込んでいたという。

井田さんは4日、LGBTQ(性的少数者)当事者らと愛知県議会を訪れ、須崎かん県議会議長らに抗議文を手渡す予定。

渡辺氏は日大卒、会社員、フリーアナウンサーを経て平成19年に県議に初当選。現在4期目。

会員限定記事会員サービス詳細